Loading...

日本キャステム

マルチチャンネル音声処理モジュール[ComHoop®]

アウトライン

トピック

[ComHoop® Board For Hands Free]

ComHoop®Board For Hands Free(以下ComHoop®Board)マルチチャンネルの入出力を可能にするボードで、音声通信における回線側、音響側のエコー、ノイズを低減させるハンズフリー通話ソリューションのほか、使用状況に応じて接続タイプの選択が可能です。
側面に1.27mmピッチのパターンがあり、基板への直付けが可能です。また、マイク、スピーカそれぞれにアンプが搭載されておりますので、マイクやスピーカに接続できます。

Comhoop

 

 用途・応用例

  • ハンズフリー(多地点)通話システム
  • 音声認識システム、受付けロボット
  • 高騒音下での音声伝送装置、アビテーション・ヘッドセット

スペック

ComHoop®Board For Hands Freeの特徴

  • 広帯域、マルチチャンネル音声処理が可能なモジュールです。
  • ARM Cortex-M7 (295MHz動作)を搭載。
  • 4チャンネルのアナログ入出力。
  • 2チャンネルのスピーカーアンプを搭載。
  • 最大2つのコンデンサマイクと、最大4つのMEMSマイクを接続可能。
  • SPI マスター 2チャンネル、スレーブ 1チャンネル。SPIで16bitモノラルデータの入出力が可能です。スレーブ動作時にマスター側とのサンプリング周波数のずれをソフトウエアComClutch®で吸収します。
  • 自社開発の信号処理をソフトウエアで実現し、実装しています。ロバスト性を重視しています。
  • ソフトウェアはカスタム構成・カスタム実装も可能です。

ソフトウェア

接続タイプを選択するときに以下の機能を使用しています。

機能 ComHoop®Board For Hands Free
エコーキャンセラ・
エコーリダクション
Comstabi®Ⅲ

送話経路にSignalCosme内包

マトリクスミキサー Comvia®

入力にSignalCosme内包

サンプリングレートコンバーター ComClutch®
定常性ノイズリダクション SignalCosme

すべての機能は2.5msごとに処理をおこないます。

ComHoop® Board For Hands Freeの仕様、性能

 MCU ARM Cortex-M7、Microchip社SAMS70、295MHz動作
CODEC TI社TLV320AIC3204、2個
サンプリング周波数 8kHz〜48kHz(出荷時は16kHzサンプリング)
アナログ入力 4チャンネル、ラインレベル/マイクレベル(マイク用電源有り)
アナログ出力 4チャンネル、ラインレベル
スピーカー出力 2チャンネル、1.4W(8Ω)
デジタル入出力 SPI、マスター2チャンネル、スレーブ1チャンネル
電源 DC5V(または3.3V)
消費電流 150mA(無音時)
動作温度範囲 -40~80℃
寸法

43.2(W)×46.1(D)×7.6(H)mm

ブロック図

カタログ(PDF)

ComHoop® Board For Hands Free カタログ

ダウンロード

評価ツール

評価ボード(ComHoop®Board for HandsFree Evaluation Board)

ComHoop®Boardの端子を手っ取り早くお使いいただけるようにしています。電源端子(TML1,TML2)に適切な電圧(5Vもしくは3.3V)を入力し、音声信号の入力にステレオミニジャック(Lch使用)、MEMSマイクやコンデンサマイク、出力をピンジャックやスピーカーをつなげることでハンズフリー試験がすぐできます。PCとUSBを接続すると、付属のPCプログラムと別売りのI2CBridge Rev2を経由して設定の変更と保存もできます。

PCプログラム(ComstaviaMSEControllerLite、ComstaviaMSEController)

ComHoop®BoardのI2C端子から制御が行えます。評価ボードでご評価いただく場合、以下のようにボードとI2CBridgeRev2に接続したPCでPCプログラムを起動することで、ComHoop®Boardの内部情報を見ながらの設定ができます。
設計時では各種設定の変更、入出力信号レベル、残響消去の状況のモニタを容易に行うことが出来ます。変更した設定をComHoop®Board上のRomに書き込むこと、読み出すこともできます。

設定した内容は、PCプログラムのsaveボタンでPCに設定内容を保存すること、loadボタンでPCから保存された設定内容を再度読み込むこともできますから、他の基板へ転用することもできます。

また不測の現場対応でも、I2CBridgeRevとつながるように設計されたボードであれば、内部の動作から事態を推定し、設定の変更、保存することが容易となるでしょう。

ComstaviaMSEController(要NDA締結)

ComstaviaMSEControllerLite

接続タイプ

ComHoop®Boardではたくさんの接続タイプを規定しています。設定はI2C経由で行い,ボード上のROMに設定を記憶させることで(再)起動してもその設定を活かすことができます。接続タイプ1,2,3,6,7,12についてはComstabiIII®LSEditionBoardと共通です。

接続タイプ 説明 イメージ図
0 Port0空間が拡声通話、他複数のPort空間との接続で、Port0空間のエコーと背景音に対応するとともに、各空間のミキシングを行います。
1 Port0空間とPort1空間で拡声通話の接続で、Port0空間とPort1空間のエコーと背景音に対応します。  
2 Port0空間が拡声通話の接続で、Port0空間のエコーと背景音に対応します。(工場出荷設定)  
3 Port0空間が拡声通話の接続で、Port0空間のエコーと背景音、Port1空間の背景音に対応します。

 

 
4 前段のComstabi®で近端ノイズ音、後段のComstabi®でエコーと背景音に対応します。Port1Inは近端ノイズ音源のそばに配置し、Port0Inより早く収音される必要があります。
5 各空間のミキシングを行います。
6 Port0空間が拡声通話、Port1側がハイブリッド回路と接続するときに、Port0空間で発生するエコーと背景音、ハイブリッドエコーにそれぞれのComstabi®が対応します。  
7 Port0に回線エコーがある(Port1で起きる残響は無視)
8 Port0の近端ノイズ音の減衰とミキサーです。Port1Inは近端ノイズ音源のそばに配置し、Port0Inより早く収音される必要があります。  
10 接続タイプ7を2つ分行います。
12 Port1Inを近端ノイズ音、Port0Inには近端発音とノイズ音入力され、ノイズが低減された近端発音が出力されます。Port1Inは近端ノイズ音源のそばに配置し、Port0Inより早く収音される必要があります。  
13 接続タイプ2と似ていますが、既設のスピーカーに対応すべく、ComHoop®Boardを経由しないでもエコーに対応する接続です。

ご利用可能なシチュエーション

Comstabi® ⅢLSEBoardと(ディジタル接続は違いますが)同様のシチュエーションでより高いサンプリング周波数でご利用いただけます。

少量製品への組み込み

少量でのご利用にも対応します。まずはEvaluation Boardで動作をご評価ください。

サンプルパフォーマンス

工事中